睡眠導入剤の服用と非薬物療法による早寝早起き

睡眠導入剤には脳全体の働きを抑制することによって睡眠状態にする薬が処方されることがあるのですが、一般的に処方されているのは不安な気持ちを和らげることで精神的に安定させて眠気を感じるようになる薬で、睡眠導入剤として処方されている薬のリスクが大幅に下がっています。もともとは抗不安薬と同じ成分なのでゆったりとした気持ちで眠ることができるので早寝早起きをすることもできます。また新しいタイプの睡眠導入剤も開発されていて、市販されているものはアレルギー剤の副作用を利用したもので、脳内のヒスタミンの働きを抑制することで眠気を感じる薬です。早寝早起きをするための非薬物療法としてはハーブを用いたものが効果的で、ラベンダーなどの気持ちを穏やかにするハーブティーを飲むことでしっかりと眠ることができるようになります。高齢者になると早寝早起きをすることも多いのですが、昼間にあまり活動をしない高齢者は不眠症になりやすいので肝臓に負担のある睡眠導入剤を服用するよりもハーブティーなどを飲むほうが体に対する悪影響が少なくて済みます。非薬物療法としては高齢者の場合は日中に外出をして運動などをすることが必要とされていて、家の中に閉じこもっている老人は脳の働きも弱まって、感情を抑制できなくなるので夜遅くまで眠れないことがあります。また緑茶を飲み過ぎるとカフェインの働きで眠気を感じられなくなるので、カフェインの摂取を控えることも必要です。非薬物療法による睡眠の改善は昼間の時間帯に十分に体を動かして働くことと、カフェインやアルコールの摂取量を減らすことで対応することが可能なので睡眠できないという理由で睡眠導入剤を服用する必要はありません。