日本人で睡眠導入剤を使用している4割は過剰処方

人間は本来、昼間お日様が昇ると同時に朝起きて、日が沈むと同時に就寝するという生活を行っていました。しかし、現代は全く異なった生活をしています。朝は早くから起きて、仕事や学校に行かなくてはいけません。そして、強いストレスにさらされながら、社会で自分の役割全うしなくてはいけないのです。その後帰宅してからは夜遅くまで起きているという生活ですね。仕事や学校では強いストレスは多いです。また昔とは活動量が異なり、現在では昼間に太陽の光をいっぱいに浴びて、運動をするということも少なくなってきています。そのような生活から、睡眠不足である。寝つきが悪い、寝てもすぐに起きてしまうといった日本人が増加してきているのです。多くの人は眠れないとストレスは溜まりますし、疲労も蓄積するために、病院に行き、睡眠導入剤などの処方を受けることが多いです。患者が病院にやってくると、医師も容易に睡眠導入剤を処方しがちです。もちろん安全性が確かめられている薬で効果も高いですが、やはり副作用もありますし、常用すると体への影響も心配です。また日本人においては医師が処方する睡眠導入剤の4割は過剰処方であるとも言われます。つまり日本人の4割の人は必要がないのに、処方され摂取しているということなのです。この4割の人は薬がなくても改善することができるのでしょうか?睡眠障害というのは、様々な要因が絡んでいます。仕事、ストレス、食生活などありますから、その原因となるものを探って改善をするだけで睡眠障害も改善することもあります。また中には体内時計を整えるだけで睡眠リズムが元に戻ったという場合もあるのです。そのために、睡眠障害の時には、安易に病院に行かず、自分でできることをまず行ってみるということが大切です。