睡眠導入剤の副作用とねむり時間計について

睡眠導入剤として医療機関から処方されるものは抗不安剤と同じ成分で作られているものなので、感情を安定させることによって脳に対する刺激を減少させて眠気を感じるようにするものなので副作用はあまりないとされているのですが、ごくまれに依存性を示すことがあるとされているので、睡眠導入剤に依存するだけではなく、根本的な治療を行うことが重要です。睡眠導入剤の副作用として一番多いものは強い眠気で、夜に飲んだにもかかわらず昼間になっても眠気が治まらない場合があります。この症状は薬に慣れるまでのものなので服用を続けていると眠気が起きなくなります。市販されている睡眠導入剤は抗ヒスタミン剤の働きを利用したものなので副作用もアレルギー剤とほとんど同じで、花粉症などでアレルギー剤を服用した時に眠くなる人は日中の強い眠気の副作用が出る可能性があるので注意が必要です。ねむり時間計はスマートフォンのアプリを使ってその日の睡眠時間や1週間単位の眠りの傾向を知ることができるもので、ねむり時間計の本体を購入してスマートフォンのアプリをダウンロードするだけで利用することができるので、忙しい人の睡眠時間の管理などに利用されています。ねむり時間計を使用することで自分の眠りの深さなどを意識することができるので、仕事の量を調節するときの参考にもできます。またねむり時間計のアラームを設定することで起きやすいタイミングにアラームを鳴らすことができるので目覚めが良くなります。また自分の眠りのタイプを知ることで自分にあった就寝時間を知ることができるので、ねむり時間計を利用して睡眠を管理することで睡眠導入剤の服用回数を減らす効果もあります。