睡眠導入剤の過剰摂取の危険性について

不眠に悩む場合、さまざまな症状がありますがその中でも多くの人が経験しているのが入眠障害です。
この入眠障害とは、夜眠りたいのに眠ることが困難ケースになります。
その寝付きを良くして、速やかに眠ることができるようにしてくれるのが睡眠導入剤です。
睡眠導入剤と、聞くと睡眠薬をイメージすることが多くあります。
一昔前の睡眠薬は、大量に服用すると命にかかわるものでした。
しかし、この睡眠導入剤は、仮に過剰摂取しても死に至るものではありません。
昔と違い、その成分が大きく異るからです。
現在の睡眠導入剤は、主に脳の働きを沈静化させる精神安定剤の要素が大きくなっているからです。
そのために、昔のように大量に服用しても死には至ることはありません。
ただ、やはりどの薬剤でも副作用は発生します。
適量を、服用する場合には多くは副作用も最小ですみ体への負担はあまりありません。
過剰摂取した場合には、その副作用も大きくなり肝臓にはとても負担がかかることになります。
肝臓では、過剰摂取した薬剤の解毒ができなくなります。
そのために、頭痛やめまい、耳鳴り、吐き気など辛い症状が続く結果になります。
そして、強い眠気が取れなくなり、筋弛緩のため体中の力が抜けたり、健忘といった記憶がなくなる状態にもなりえます。
特に、睡眠導入剤などの精神的な疾患に使用する薬剤は、同様の薬効成分を主成分とする薬が多数存在しています。
睡眠導入剤だけでなく、同時に抗うつ剤などの過剰摂取は大きな負担が体にはかかります。
医師の処方を守ることは、体への負担を守るためにもとても大切なことです。
個人で薬を増減することは、自分自身の体に負担として返ってきます。
自分の適量を、治療のためも守ることです。