睡眠導入剤は依存性が高いのか?

睡眠導入剤は不眠の症状を抱える人の問題を解決するために活用されている薬です。
現在であればひとくちに睡眠導入剤と言ってもさまざまなものが使われるようになっているのですが、どのようなものであっても不安だとされるのが依存性です。
一度使い始めたらやめられないのではないか、飲み続けていると効果が無くなるのではないかなどの不安を持つ人は少なくありません。
しかし現在の睡眠導入剤に関して言うのであれば、こうした心配はかなり少なくなったと言って良いでしょう。
確かに最も古い睡眠薬としてあったバルビツール酸系睡眠薬は非常に効果が強い分、重篤な副作用が引き起こされるリスクがあったのも事実です。
ですが現在主流となっているのはベンゾジアゼピン系睡眠薬など、全く性質を別とする薬なのですから、そうした副作用のリスクは格段に少なくなりました。
そうした薬であっても依存性が全くないというわけではないのですが、それでも使用量をしっかり管理し、医師の指導に基づいて服用すれば大きな問題になるというようなことはほとんどありません。
不眠症の症状が強く出ている短期間に集中して投与し、症状が改善されたのであれば服用を取りやめると言うようにすれば後まで影響が残るケースはまず無いと言っても過言ではないのです。
そもそもの話をすれば、軽い不眠症を抱えている人がよく行う「寝酒」の方が依存性は強いくらいですし、肝臓などの臓器への影響があるのです。
そうしたことを考えるのであれば必要な時だけ医師の管理のもとで服用し、そして「睡眠」という目的にだけ効果を果たしてくれる睡眠導入剤にもメリットはあるでしょう。
もちろんどのような人にでも気軽に処方して良いものであることは考えなくてはなりませんが、かつてのようにリスクが大きい危険な薬と言うわけでもないということは知っておくようにしましょう。
■もう悩まないで!睡眠薬は簡単に購入できます
睡眠薬は通販がお得